TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

ドイツ人はなぜ毎年150日休み、 1日10時間未満の労働でも会社が回るのか

ドイツ在住ジャーナリストである熊谷徹氏による連載。労働時間が短く生産性の高いドイツの働き方を紹介しています。
コラム2018.12.27

vol.5 ドイツの仕事術を100%コピーする必要はない

201809_index_kumagai
2019年1月号

過剰サービスを減らしてはどうか?

「おもてなし大国」日本は、「働き方改革」のためにサービスの質を大幅に引き下げるべきではない。ドイツの質の低いサービスをわざわざ導入する必要はない。

そこで私が提案したいのは、残業時間を短くして労力を減らすために、過剰と思われるサービスを減らすことだ。例えば、2時間刻みで配達時間を指定できる日本の宅配サービスは消費者にとっては便利だが、荷物を配達する人にとっては大きな負担となる。ドイツでは配達時間を午前と午後のどちらかしか指定できない。客が不在の場合に、配達人が電話をかけてきて、再度配達をしてくれることなどあり得ないのだ。また、土曜日と日曜日に宅配サービスはない。客も大きな不便は感じていない。

また、日本のパン店では何も言わなくてもパンを1つずつ小さなビニール袋に入れてから、大きなビニール袋に入れてくれる。ドイツでは、全てのパンを1枚の紙袋に入れる。日本のやり方だとパンがくっ付かないので助かるが、ビニールのごみが大量に出るという難点がある。店員さんの手間もかかるだろう。私はこれも節約できる過剰サービスであると考えている。

つまり、市民一人一人が「ちょっとした不便」を我慢することによって過剰サービスを減らし、社会全体で残業時間や労力を減らす試みが必要なのではないか。

次回は、ドイツ人の仕事術の中に、日本のオフィスでの労働時間を減らし、より長く休暇を取れるようにするためのヒントがあるかどうかについて、お伝えしよう。

  • 在独ジャーナリスト
  • 熊谷 徹(くまがい とおる)
  • 1959年東京生まれ。早稲田大学卒業後、NHKに入局。ワシントン支局勤務中に、ベルリンの壁崩壊などを取材。90年からはフリージャーナリストとしてドイツに在住。『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』(SB新書)など著書多数。
  • URL:http://www.tkumagai.de/
  • Mail:box_2@tkumagai.de
  • Facebook、Twitter、mixiでも署名記事を公開中

 

1 2 3 4 5
ドイツ人はなぜ毎年150日休み、 1日10時間未満の労働でも会社が回るのか一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo