TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

ドイツ人はなぜ毎年150日休み、 1日10時間未満の労働でも会社が回るのか

ドイツ在住ジャーナリストである熊谷徹氏による連載。労働時間が短く生産性の高いドイツの働き方を紹介しています。
コラム2018.12.27

vol.5 ドイツの仕事術を100%コピーする必要はない

201809_index_kumagai
2019年1月号

私は28年前からドイツで働いている。この国の経済、企業、社会を観察してきた結果、「日本人がドイツ人の働き方を100%コピーすることはできない」と考えている。その理由は日本とドイツの間に、経営文化、企業文化、商慣習の違いがあるからだ。例えば、日本の顧客はドイツの顧客に比べると、企業に求める商品やサービスの水準がはるかに高い。ドイツでは顧客と売り手の目線の違いはそれほど大きくはない。ドイツではサービス=有料という意識が強いが、日本ではほとんどの人がサービス=無料だと思っている。

201812_germany_01

“サービス砂漠”ドイツ

ドイツは、労働生産性が高く、社会保障制度が充実している国だが、パラダイス(極楽)ではない。多くの問題点も抱えている。

特に、われわれ消費者にとって問題なのは、ドイツのサービスの質の低さである。「おもてなし」を世界に誇る日本からドイツに転勤してきた日本人の中には、商店などの顧客サービスの悪さに強いショックを受ける人が少なくない。ドイツの店員は堂々としていて、客に対してへりくだった態度は取らない。ぶっきらぼうな態度の店員も多い。ドイツの店員を日本に連れてきて、接客態度について試験を行ったら、10人中9人は確実に落第するだろう。

“サービス砂漠”ドイツに悩んでいるのは、われわれ日本人だけではない。私の知人で日本に長年勤務したドイツ人は、故郷に戻ってきた直後、パン店の店員の態度の悪さにショックを受けたという。彼は、日本の店員の丁寧な接客態度に慣れていたので、母国の店員の態度の悪さに驚いたのである。

ドイツのレストランのウエートレスたちは、労働条件が悪いせいか、特に態度が横柄であることが多い。あるバイエルン風レストランで、10ユーロ前後の食事をした後に100ユーロ紙幣(日本で言えば1万円札に相当する)で払おうとしたら、「こんなに大きな紙幣で払おうとするなんて!」とウエートレスに叱られた。おそらく釣り銭の準備がなかったのだろう。

別のレストランでは、食事が終わった後に日本から来た知人と話をしていたら、「食べ終わった皿を渡してくれ」とウエートレスから指図された。レストランなどで、ナイフとフォークを平行にそろえておくことは、「食事が終わりました」というサインだが、このウエートレスはそのルールも知らなかった。いったいどのような社員教育をしているのか。以降、このレストランには足を運んでいない。

1 2 3 4 5
ドイツ人はなぜ毎年150日休み、 1日10時間未満の労働でも会社が回るのか一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo