TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルティング メソッド

タナベコンサルティンググループの各分野のプロフェッショナル・コンサルタントが、経営戦略・事業戦略・組織戦略などの経営メソッドを解説・提言します。
2017.11.30

課題を解決する「建設のサービス化とICT」
竹内 建一郎


2017年12月号

コンサルティング戦略本部 副本部長
建設ソリューション成長戦略研究会 リーダー

竹内 建一郎 Kenichiro Takeuchi
大手メーカーで商品開発の生産マネジメントに携わった経験を生かし、経営的視点による開発・生産戦略構築から現場改善まで、多くの実績を上げている。モットーは現場・現実・現品の「三現主義」。

 

「受注型モデル」からの脱却

 
政府建設投資の2020年以降の衰退、技能者の人材不足、新築着工戸数の大幅減少、ICTの進化など、建設業を取り巻く外部環境は今、加速度的に変化している。当然、現状を維持するだけでは持続的成長・発展など望むべくもない。ところが、多くの建設事業者は、従来からの「受注型ビジネスモデル」で事業を運営しているのだ。

 
企業は、変化するからこそ成長できる。企業が成長・発展していくためには、新たに出現する社会的・地域的課題の解決に向けて「変化と成長」を繰り返す必要がある。もし、自社がライバルと同質化しており、かつライバルよりも低ポジションであり、さらに展開している事業が中長期的に成長を望めないとすれば、明日から、すぐにでも、変化と成長に向けて手を打たなければならない。
 
タナベ経営の建設ソリューション成長戦略研究会では、「建設を極め、“建設らしくない”を追求する」というコンセプトを、これからの建設業のあるべき姿として発信している。建設を「極める」とは、分野や工法など自社の強みを特定し、設計・施工一体のビジネスモデルを確立することである。また「“らしくない”を追求する」とは、例えば「あらゆる事業はサービス化する」といったことだ。「“建設らしくない”を追求する」ビジネスモデル革新こそが、収益構造を変え、さらに“脱下請け”に通じるポイントである。
 
つまり、受注型モデルから脱却し、事業のサービス化を行う。これは多くの業界でもいわれていることだが、建設業とて例外ではない。

 
 

1 2 3
コンサルティング メソッド一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo