TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

グループ経営システム

M&Aや分社化などを戦略的に進める企業が増える中、形成した企業グループの経営をどのように進めるかが大きな経営課題となっている。グループシナジーを発揮し、効果的なマネジメントシステムやガバナンスを構築するメソッドを提言する。
コラム2021.08.02

グループ経営のプラットフォームとしてのホールディング経営
村上 知


2021年8月号

 

 

【図表】従来型のグループ経営とホールディング経営の違い

出所:タナベ経営

 

 

グループ経営とホールディング経営の関係性

 

グループ経営にホールディング機能を持たせることで、親会社は経営戦略に、子会社はそれぞれの事業運営に専念でき、経営の効率化を図ることができる。また、複雑なグループ戦略のコントロールが可能となり、企業価値の最大化にもつながる。

 

タナベ経営では、グループ経営を「複数の異なる事業を営む単一の企業、もしくは複数の連結事業体からなる多角化企業」と定義している。一方で、ホールディング経営とは、顧客・マーケットと向き合う事業会社と、事業推進に必要な経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・ノウハウ)を事業会社に提供する機能を持つホールディングカンパニー(以降、HDC)に、会社単位で分ける組織形態だ。よって本稿では、グループ経営を推進するためのプラットフォームとして、ホールディング経営という経営スタイルが存在すると捉えている。

 

【図表】は、従来型のグループ経営と、ホールディング経営の違いを示したものだ。

 

従来型のグループ経営は、親会社の中にコーポレート機能やサービス機能などが含まれているものの、あくまで事業会社である親会社が関係会社を管理するという組織形態である。親会社の事業が主事業であり、関連会社は関連事業や販売・製造機能を運営するという位置付けになっている。親会社が子会社の上位に位置する親子関係が成立するため、親会社単体の業績が重視されやすくなる。また、親会社の業績や戦略に子会社の運営が左右されやすくなる特徴もある。

 

一方で、ホールディング経営の組織形態は、グループ本社機能と事業運営会社を完全に分離し、HDCはグループ経営を推進するプラットフォームとしての機能・役割に専門特化する。HDCは事業を持たないため、特定の事業利益ではなく、グループ全体の利益最大化を目的としたグループ最適の判断が可能となる。

 

 

1 2
グループ経営システム一覧へコラム一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo