TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

グループ経営システム

M&Aや分社化などを戦略的に進める企業が増える中、形成した企業グループの経営をどのように進めるかが大きな経営課題となっている。グループシナジーを発揮し、効果的なマネジメントシステムやガバナンスを構築するメソッドを提言する。
コラム2021.08.02

経営スタイルと組織の成熟度に合わせた構築ステップ
浜岡 裕明


2021年8月号

 

 

経営スタイルに応じたシステム構築が必須

 

グループ経営システムの構築は、現状の経営スタイルや組織の成熟度によって制約される。単純に規程やルールを作っても適切に運用されなければ、無理・無駄が生じ、グループ経営の本来の目的である「複数の企業がグループとして活動することによって、競争力を高める経営スタイル」は実現できない。グループ経営システム構築コンサルティングでは、現状の各社の経営スタイルを判断し、その段階に合わせてグループ経営システムの構築コンセプトを設定している。本稿では各段階のポイントについて解説する。

 

 

グループ経営システム導入段階
~組織経営に向けた機能の強化~

 

グループ経営システムの導入段階では、社長が自らの経営判断に基づいて意思決定を行う、いわゆる「ワンマン型意思決定スタイル」であることが多い。ワンマン型の意思決定自体は悪いことではないが、経営が社長に依存してしまうことはリスクであるため、組織で経営する体制を整えていくことを考えなければならない。

 

この段階でのグループ経営システムの構築コンセプトは、「組織経営に向けたグループ経営機能の強化」である。まずは、社長に集約されている権限と責任の、役員・経営幹部への委譲を前提としたガバナンス機能・マネジメント機能を整備していく。また、社長のビジョンを組織で具現化するための経営企画機能を設計していき、社長の判断基準を組織や機能に移植していくことがポイントである。

 

第1ステップは、グループ理念体系の再定義である。

 

①グループの社会的使命や存在意義であるグループミッション

 

②グループが長期的にありたい姿としてのグループビジョン

 

③グループの共有の価値観であるグループバリュー

 

この理念体系はグループを定義するものであり、グループ全体を包括したものに昇華させる必要がある。社長の思いをグループの理念体系として可視化し、組織に共有することから始まるのである。

 

第2ステップでは、トップが担っているガバナンス機能を経営システムへ移管していく。ワンマン経営では全ての情報がトップに集約され、トップが判断し、マネジメント・コントロールもトップ主体で遂行されるため、まずは運用レベルの決裁権限を幹部メンバーへ委譲することを前提とした仕組みに変更していく。

 

この際、ワンマン経営者は、自身と判断基準が一致しなくなるのではないかと不安に思うことは少なくない。そのため、トップの判断基準を「経営者憲章」として可視化することも重要である。

 

 

【図表1】グループ経営システムチェック項目(導入段階・初期段階)

出所:タナベ経営作成

 

 

 

1 2 3
グループ経営システム一覧へコラム一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo