TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルティング メソッド

タナベコンサルティンググループの各分野のプロフェッショナル・コンサルタントが、経営戦略・事業戦略・組織戦略などの経営メソッドを解説・提言します。
2018.09.28

未来のネットワークをいかに構築していくか
経営コンサルティング本部

201810_slide_t1
2018年10月号

物流を止めてはならない

まず、先般の「平成30年7月豪雨」で被害を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げたい。私は広島県内に住んでおり、クライアントやその社員・ご家族が大変な思いをされたことを間近で共有し、本当に心が痛んだ。特に交通網の打撃を受けて物が圧倒的に不足した地域では、生活さえままならない状況であった。企業の存在価値は世の中を豊かにすることにあるが、物流は世の中の根幹をなすものだと、身をもって実感した。

長期的な視点で見ると、BtoC(企業対消費者間取引)の発送量増加やドライバーの減少は、継続的な物流の確保を困難にする可能性がある。将来的には、現在と同じコストで同じ便益を得ることができなくなるエリアも発生するだろう。これらの課題は企業単体で解決できるものではない。物流に携わる全てのプレーヤーの協力が必要となる。

誰もが全体を“正確”に理解できていない

先日、タナベ経営が主催する戦略ロジスティクス研究会において、参加者に「ビールゲーム」を体験してもらった。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の教授グループが開発したシミュレーションゲームで、サプライチェーンにおける「ブルウィップ現象」(川下の需要変動が川上にいくほど増幅すること)を実感することが目的だ。

具体的なゲーム内容は、メーカー、1次卸、2次卸、小売店の役割を担う4人が1組のチームとなり、発注と出荷を繰り返す。実需が見えない中で、30週間における累計の在庫費用と受注残(機会ロス)を計算し、最もロスが少なかったチームが勝利する。

2時間程度であったが、大いに盛り上がった。一方で、「物流のプロ」が集まりながら、在庫と受注残のロスは各自が予測していた以上に多くなった。種明かしになるので詳細は控えるが、このゲームの核心となる実需の動きを公表した時の、受講生らのあぜんとした表情が非常に印象的だった。

なぜスコアが良くなかったのか。それは「各自が個別最適を目指せば目指すほど、全体の利益は損なわれる」からである。さまざまな階層の参加者がいたが、部門長は「自部門最適が全社最適を阻害する」ことを、経営者は「自社最適がサプライチェーンの全体最適を阻害する」ことを学ぶことができた。

201810_01_method_02

1 2
コンサルティング メソッド一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo