TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルティング メソッド

タナベコンサルティンググループの各分野のプロフェッショナル・コンサルタントが、経営戦略・事業戦略・組織戦略などの経営メソッドを解説・提言します。
2018.09.28

異業種に学ぶ、未来に向けた物流業界の人材育成へ
番匠 茂

201810_slide_t1
2018年10月号
 

タナベ経営 経営コンサルティング本部 支社長代理 チーフコンサルタント
戦略ロジスティクス研究会 コーディネーター

番匠 茂
Shigeru Banjyo

長年にわたる営業部門での経験を生かし、各企業の経営コンサルティング、幹部人材の育成などで活躍中。特にトップ・幹部と一体になった実践的な取り組みにより、クライアントへの熱い思いをベースに進化を実現。数多くの成長企業を支えている。

 
 
201810_01_method_01
 
 
必要な“未来人材”を確保できるか
 
各種報道によると、東証1部上場企業の2018年3月期決算で、営業・経常・最終の全利益が過去最高を更新したという。また、民間調査機関の「労務行政研究所」の調べによると、東証1部上場127社の夏季賞与・一時金(ボーナス)が平均74万6105円(前年同期比2.4%増)となり、伸び率が4年ぶりに上向きに転じた。
 
しかし、楽観視ばかりもしていられない。大切なのは「どうなるか」という予測と、「どうあるか」という意志、そのために「どうするか」という対策だ。来年(2019年)の10月には、国内経済に大きなインパクトを与えるであろう消費増税が控えている。翌2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるが、2023年をピークに世帯総数の減少が見込まれている(国立社会保障・人口問題研究所の推計)。
 
果たして、2020年以降の「祭りの後」がどうなるのか、世帯総数の減少で国内需要の縮小が懸念される2023年以降に自社はどうあるべきか、そのためにこれからどうするのか。おそらく大半の経営者・経営幹部が不安を感じていることだろう。
 
今も昔も、企業の業績や生き残りを左右するのは間違いなく「人」である。「人を得る者は栄え、人を失う者は滅ぶ」という格言通り、未来に備えて優秀な人材、必要な人材を自社は何人育成・確保することができるのか。これが今後の企業の命運を握ると言っても過言ではない。
 

1 2 3
コンサルティング メソッド一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo