TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2017.04.27

3年後を見据え、 自社は何で突き抜けるか
原 泰彦

consultant_reviewbanner
2017年5月号


29年ぶりの高水準となったエンゲル係数
 
総務省が2月17日に発表した「家計調査報告(家計収支編)」(2016年平均速報、2人以上の世帯)によると、エンゲル係数が前年より0.8ポイント上昇して25.8%となった。1987年以来、29年ぶりの高水準であるという。エンゲル係数とは、家計支出に占める食費の割合を示し、生活水準が高くなるにつれて数値が低くなる経済指標として知られている。
 
エンゲル係数が上昇した要因として、円安や天候不順の影響による食品価格の上昇に加え、共働き世帯の増加に伴って調理済み食品の購入が増えたこと、また節約志向の高まりによる衣料品などの買い控えで、支出に占める食費の割合が相対的に上がったことなどが考えられている。
 
ただ、私は家計調査の「1世帯当たり年平均1か月間の支出(2人以上の世帯)」を見ているうち、気付いたことがある。2000年と2016年のデータを比べると、調理食品への支出金額は約1.2倍に増えていた。その間のエンゲル係数は、23.3%から25.8%と2.5ポイント上昇している。これだけを見ると、確かに調理食品への支出増加がエンゲル係数の上昇要因であるかのように見える。
 
だが、消費支出の総額を見ると、31万7328円(2000年)から28万2188円(2016年)と11.1%減少しているのである。一方、その間の「食料費」は7万3954円から7万2934円と1.4%減にとどまる。消費支出全体が1割強も減っているのに、食費は微減なのだから、調理食品への支出増加だけがエンゲル係数の上昇要因でないことは明白である。
 
食料費の内訳を見ると、「米」は2000年から4割以上も減少(42.3%減)したのに対し、「パン」は1割近く(9.6% 増)増加している。「魚介類」は3割弱(27.5%減)減少したが、「肉類」は1割増加(10.9%増)している。
 
一方、その他の支出品目を見ると、「通信費」が約1.4倍に増加した半面、歳暮などが含まれる「交際費」は30.1%減、「仕送り金」も39.7%減と減少している。つまり支出の中身が大きく変わってしまっているのである。
 
また別のデータだが、国税庁の「民間給与実態統計調査」(1年勤続者の企業規模別給与所得者数・給与総額・平均給与)によると、2015年における個人の平均給与は2000年に比べ6.2%減少している。

 
これらのデータから分かるのは、消費の大本となる財布に入っている金額が少なくなる中、ライフスタイルも大きく変化したという事実である。「生活水準が下がったから、エンゲル係数が上がった」とは、一概に言えない。
 
 
 
 

1 2
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo