TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2017.03.31

シェアリングエコノミー・ビジネス
山本 剛史

consultant_reviewbanner
2017年4月号


所有せずに借りる

 
不要不急品に関しては自分で所有せず他の人たちと共有し、必要時に“利用”する。そんな「シェア」と呼ばれるスタイルが、ビジネスにおいて注目されている。
 
ところで、「シェアリングエコノミー」という言葉を聞いたことのある人も多いだろう。
 
シェアリングエコノミーとは、「個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸し出しを仲介するサービス」(総務省)のことである。昨今、日本にもこの考えが浸透してきたことで、人々のシェアに対する概念が変わりつつあるといえる。

 
ネットリサーチ会社のアイブリッジが2014年に、20歳以上の男女1000人を対象に調査した「買ったけど正直無駄だったと思う家電ランキング」を発表した。ランク入りしたもの(次頁【図表】)を見ると、確かに「買わなければよかった」と思える家電製品も多い。これらは全てシェアリングサービスの対象になる商品という見方もできる。
 
借りた方が良いものは遠慮なく借りる。そんな文化が日本でも根付く日はそう遠くないと思う。本稿では、3つの視点からシェアリングエコノミーを取り入れた事業展開について考えてみたい。
 
【図表】 買ったけど正直無駄だったと思う家電ランキング(複数回答)
 
201704_view2-02
 
 
時間とスペースを「切り売り」する
 
A社は、貸会議室から寺まで、遊休スペースを簡単にネットで貸し借りできるサービスを展開。貸し手は、普段使っていない空きスペースや、平日だけ使っていない空きスペースなどを登録。それをホームページ上で見たユーザーが、1時間単位または1日単位でレンタルできるというものだ。マンションの一室から休日のカフェ、オフィススペースなど約6000件(2017年2月現在)ものスペースを掲載しており、“野球場で社員総会”など、ユニークなニーズに応えている。
 
またB社は、空きスペースを週貸し・1日貸し・時間貸しのように区切って、ユーザーの希望に応じて貸したい人と借りたい人をマッチングするサービスを提供。店舗内の空きスペースを貸し借りすることもできる。借り主からは物品の販売や自分の教室など、小さなビジネスを気軽に行うことができると評判だ。
 
このように、時間単位を細かく区切ったり、空きスペースを“切り売り”したりするサービスは、まだまだ伸びる余地がある。
 
一方で、有効なスペース・時間を新たに創り出す動きも見逃せない。自宅の不要なモノを丸ごと買い取って転売(リサイクル)する、使用頻度は低いが捨てられない(個人的に思い入れの強い)モノの収納スペースを提供するといったサービスがそれに当たる。

 
スペースを“創り出すサービス”と、スペースを“利用するサービス”。1つ言えることは、過去の常識は通用しないということだ。私は、このサービスの組み合わせの中に新たな事業のタネがあると見ている。

 
 

1 2
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo