TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
コラム2021.04.09

デザインを最大限に活用してブランド価値を高める
松岡 彩

consultant_reviewbanner
2021年4月号


 

 

コロナ禍における販促施策の傾向

 

企業は、自社ブランドまたは自社で展開するブランド商品の価値を最大化するために、その時の課題や目的に合わせてプロモーション活動を行う。主旨・目的は大きく次の4つに分けられる。

 

(1)ブランド認知度向上
(2)購買促進(売り上げ加速・拡大)
(3)新規顧客獲得
(4)リピート顧客の囲い込み(ファンづくり)

 

競合他社あふれるブランドの中でナンバーワンを目指すために、各企業はイベント開催やキャンペーンの立案、プレミアムインセンティブやノベルティーグッズの企画・開発、店頭POP展開などのプロモーションを行ってきた。

 

しかし、コロナ禍によって人がリアルで対面する機会が減った今は、「非接触型」のアプローチが当たり前の時代となった。強化すべきプロモーションのツールも大きく変わったのである。

 

リアルで展開する展示会やイベントは中止となり、展示会ブースの設計や来場時に配布する従来のノベルティー施策の機会は大きく減った。一方で、人が直接的に会わずともプロモーションを行えるツールは急成長した。インターネット広告や動画制作、SNSを活用したオンライン上での集客などである。デジタル化の加速により、顧客とのコミュニケーション手法が変化したのだ。

 

 

 

1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo