TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
コラム2021.03.01

「Who we are(これが私たちだ)」から自社の存在意義を捉え直す
筒井 美帆

consultant_reviewbanner
2021年3月号


 

 

【図表】ブランディングの全体像

 

 

ブランディングは経営戦略の1つ

 

コロナショック後、「ブランディング」という言葉が頻繁に飛び交うようになった。自社のブランド力の強化に向け、これまでより多大な投資を行い、さまざまな施策を試す企業は多い。

 

だが、「ブランディングとは何か」を説明できる人は多くない。「認知度を上げる取り組み」「自社の強みが顧客ニーズとマッチしていて、顧客より企業が強い関係性である状態」「デザインに統一感がある」など、ぼんやりとした理解にとどまっている。これはブランドという言葉が、広く安易に使われるようになったためだろう。

 

このような解釈も間違いではないが、本当のブランディングにはもっと大きな力がある。「想定外のショック」が数年に一度起こる先行き不透明な市場環境の中において、しなやかに強い経営基盤を構築するためには、ブランディングという言葉を再定義し、経営戦略の1つに組み込む必要がある。

 

 

自社の存在意義を明確化する

 

ブランディングについて理解すべき点は2つある。

 

1つ目は、事業としての「What we do(私たちがすること)」ではなく、ブランドとしての「Who we are(これが私たちだ)」について考えることを、ブランディングのファーストステップにすべき点だ。

 

ブランディングと捉えられている諸々のアプローチは、ビジュアルに注力したものが多い。商品パッケージや店舗デザイン、コーポレートサイトや会社案内、営業ツール、名刺、社用封筒といった「表面のデザイン」である。ブランド・アイデンティティーの一環として、ビジュアル・アイデンティティーや提供価値の整理と明文化を行い、統一されたデザインで表現することも重要だが、それが全てではない。

 

ブランディングの全体像を海に浮く氷山に例えると、海面上に見えているビジュアルの部分は水面下にある、はるかに体積の大きい氷の塊——「内面のデザイン」に支えられている。これは、自社が世の中にどのような価値を、どのように届けるのかという「存在意義」だ。

 

顧客の利益を軸に「私たちがすること」を突き詰めていくと、「事業としてどのように売り上げと利益を稼いでいくのか」という考えにたどり着き、そればかりにこだわってしまう。これはマーケティングであり、ブランディングではない。だからこそ、ブランディングの第一歩では、「私たちは何者なのか」「なぜ私たちが存在するのか」を明確にしなければならないのである。

 

自社のブランディングを検討する際は、創業時の原点と経営理念、行動規範を振り返りながら、「顧客にどのような価値提供を行い、なぜ私たちがそれをするべきなのか」まで落とし込むことが重要だ。まず自社の本質的な価値である存在意義を見つめ直してから、事業として収益を得るためのターゲット設定と顧客メリットを明確にするという手順を踏むことで、自社のミッションと事業の向かうべき方向性、それを実現するための経営戦略がブレずに決まる。

 

 

 

1 2
コンサルタント レビュー一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo