TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
コラム2020.11.30

アフターコロナにおける地方スーパーマーケットが取るべき3つの対策
舩津 哲

consultant_reviewbanner
2020年12月号


 

 

 

 

小売業界の勝者と敗者

 

新型コロナウイルスの影響により、小売業界は約2カ月にわたり店舗の休業や営業時間の短縮、入店客数制限といった感染防止対策など、厳しい営業状況を余儀なくされた。特に大手GMS(総合スーパーマーケット)企業は緊急事態宣言の発出後、一部の売り場を閉鎖。例年であれば年に3番目の書き入れ時であるゴールデンウィーク期間中も、一部売り場の休業を行っていた。

 

このような状況下で、小売業界における業態間での格差は大きな広がりを見せた。『食品産業新聞』(2020年7月20日付)によると、2020年3〜5月の四半期決算は、食品スーパーとドラッグストアの多くが2桁増収、2桁以上の大幅増益。一方で、コンビニエンスストアやショッピングセンター、百貨店の多くが2桁の減収減益となり、食品スーパーやドラッグストアとは真逆の業績となった。

 

食品スーパーとドラッグストアが大きく増収した要因として、巣ごもり需要の増加による食品需要の伸長や、感染防止対策として消耗雑貨などの生活必需品の需要が伸びたことが挙げられる。政府や行政が外出を控えるよう国民に要請(緊急事態宣言)を出したのと同時に、買い物頻度を下げるための要請も出したため、生活必需品が1カ所でそろう食品スーパーやドラッグストアの優位性が高まったからである。

 

一方、ショッピングセンターと百貨店の減収減益の要因は、緊急事態宣言の期間中、食品や生活雑貨の売り場を除いて営業できなかったことが大きい。コンビニエンスストアは、住宅地にある店舗は好調だが、オフィス街や繁華街の店舗が業績を押し下げた。

 

これまで業態の中で勝ち組だったショッピングセンターやコンビニエンスストアが減収(敗者)となり、利便性に顧客を奪われ続けていた食品スーパーが増収(勝者)となった。

 

 

地方スーパーの現状

 

全国スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会が合同で行っている「スーパーマーケット販売統計調査」(2020年2月21日公表の1月実績資料)によると、2020年1月、全国スーパーマーケットの既存店売上高は前年同月比1.4%減と厳しい状況であった。

 

しかし日本スーパーマーケット協会の「マンスリーレポート」(2020年6月22日公表の5月実績資料)によると、2020年2月後半以降、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い生活必需品を買い求める消費者が増加。全国のスーパーマーケット全体では、おおむね対前年同期比を上回った。

 

コロナ禍の状況下においては、外出自粛による外食の需要も取り込み、加工食品が好調に推移。特にホットケーキミックスや小麦粉、お好み焼き粉は3月から5月ごろまで販売が好調で品薄状態となり、一部企業では供給が滞り、前年の売り上げ実績を下回った。

 

メーカーの原材料不足、工場の休業、物流網の停止により商品の入荷が停止したケースも発生している。また、スーパーの従業員が感染を恐れて出社を拒否するなど、営業機能が十分働いたとは言えない状況でもあった。6月に入り、原材料や物流の問題は解消したものの、新型コロナウイルスの影響が長期化した場合、衛生管理や業務負担の増加、景気悪化による売り上げの低下など、さまざまな課題が懸念されている。

 

 

 

1 2
コンサルタント レビュー一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo