TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
コラム2020.10.30

ポストコロナの「戦略人事」
古田 勝久

consultant_reviewbanner
2020年11月号


 

 

【図表】人事機能の体系イメージ

出所:タナベ経営

 

 

ニューノーマルと人事機能

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言発出後は多くの企業でテレワーク、シフト出勤が始まった。対面接触を避けるための急場しのぎ的なリスクヘッジとして、半ば強制的に働き方を大きく変えざるを得なかったからである。緊急事態宣言解除後も「新型コロナ禍前の平常」に戻ることはなく、ソーシャルディスタンスを確保した職場環境やテレワークの継続、オンライン会議の促進など、従業員の安全・衛生を第一とした「新しい生活様式」(ニューノーマル)に対応した働き方への対応が求められている。

 

また、働き方の価値観の変化だけではなく、新型コロナウイルスの影響によって消費者の価値観の変化などの事業環境も大きく変化した。経営者はニューノーマルに適用した新しい事業戦略をスピーディーに再構築しなければならない状況になった。

 

最も変革が求められる部門・機能として、人事部門が挙げられることを忘れてはならない。緊急事態宣言時のような「とにかく対面接触を減らす」という急場しのぎ・強制的なリスクヘッジ(守り)ではない。「ニューノーマルに適応した新しい持続可能な事業戦略」の達成をサポートする「攻め」の人事・組織を構築することが必要であり、その機能を担うのが人事部門であるからだ。

 

従来の人事機能と言えば、労務管理や給与計算業務など、管理・オペレーション業務を思い浮かべる経営者が多い。もしくは、「人事と言えば制度」というイメージで、仕組みやプロセスの運用などの人事に関する社内インフラを思い浮かべる経営者もいるだろう。もちろん、「日常・ルーティン人事」や「インフラ人事」も人事の大切な機能であるが、ポストコロナに必要な人事機能は、社会全体や働き方の価値観の変化の中で新しい事業戦略を達成するための「戦略的な人事(戦略人事)」機能である。(【図表】)

 

日常・ルーティン人事やインフラ人事、戦略人事という三つの機能は相互排他的なものではない。特に日常・ルーティン人事とインフラ人事は、程度の差はあるがどの会社にも存在するものであり、きちんと運用されていなければならない。平常時であっても「給与の支給日を間違えて遅配してしまった」などということがあれば、経営者も従業員も人事部門を信用してくれないからである。

 

一方、経営者や人事責任者が「正しい処理、運用」ばかりに気を取られていると、「事業戦略を達成するための人事」を考える時間がなくなり、結果的に事業戦略と人事を切り離して考える経営者や人事責任者が増えてしまう。そうなると、ニューノーマルに対応した事業戦略が構築できても、それを支える人事・組織が実現できず、事業と組織がちぐはぐになり、持続的な成長を阻害する要因となる。

 

 

 

1 2
コンサルタント レビュー一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo