TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
コラム2020.02.28

相互理解から始まるインナーブランディング
貞弘 羊子

consultant_reviewbanner
2020年3月号


 

 

アイデアが生まれる環境づくり

 

ブランドの本質的価値を見つけ出すためには、アイデアの拡散と収束を繰り返す必要がある。ただ慣れない活動の中で、自分が今やっていることがどうなっていくのか、これで正しいのかというゴールが見えにくい。概念を探り当てる作業は、暗闇の中を手探りで歩くような、大なり小なりの不安を感じることがある。

 

そんなときにアイデアを出すポイントとして、「互いを認める」「対立ではなく議論をするために相手の背景を知る」「意見を出しやすい空気をつくる」「意見は相手にぶつけるのでなく、テーブルの上に置くように」「普段とは違う環境で議論をする」の五つが挙げられる。

 

このように、新しい工夫を取り入れ、今ある資源と将来の希望を掛け合わせ、新しい組み合わせを考えることが重要である。

 

モヤモヤ期を乗り越えた経験があると、プロジェクトメンバーは自社への理解とともに、一緒に不安を克服した仲間として互いに理解が進み、共感が生まれる。これが、インナーブランディングの最初の一歩となるだろう。

 

 

アイデアを出す五つのポイント

1.互いを認める
2.対立ではなく議論をするために相手の背景を知る
3.意見を出しやすい空気をつくる
4.意見は相手にぶつけるのでなく、テーブルの上に置くように
5.普段とは違う環境で議論する

 

 

 

  • タナベ経営
  • 戦略総合研究所
  • デザインラボ 副本部長
  • 貞弘 羊子
  • Yoko Sadahiro
  • 「デザイン×経営」を共創というチームコンサルティングスタイルで、ブランディングコンサルティングを展開。クライアントと共に企業変革を実現する。インナーブランディングにおいては、相互協力できるチームづくりと、社員の働きがいを見いだせる風土づくりを推進している。
1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo