TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
コラム2020.02.28

相互理解から始まるインナーブランディング
貞弘 羊子

consultant_reviewbanner
2020年3月号


 

 

高まるインナーブランディングの需要

 

最近は中堅・中小企業、BtoC企業だけでなく、BtoB企業でもブランド再構築の支援を行う機会が増えている。その中でもよく聞くのが、インナーブランディングの必要性である。

 

経営方針や新しく決めた取り組みがなかなか社内に浸透しない、社員が自発的に発言・行動しない、全体のベクトルがそろわないなど、社内の理解・浸透に苦戦している企業は少なくない。これは、社員の成長や活躍を願っている企業にこそ多い悩みであり、まずはコミュニケーションを重ねることで互いを理解し合うことが必要だ。

 

とはいえ、全社員とそれぞれコミュニケーションをとるのは難しい。そのような場合、まずは小さな単位でも理解者を増やすことが最初のステップとなる。新しい取り組みは、組織の3割が納得すれば前に進むと言われているからだ。

 

私はブランド構築支援のチームコンサルティングに関わる機会が多い。多くの場合、そのチームメンバーは社内横断的に構成・組織されている。これは、前述のようにインナーブランディングの要素に重きを置いているからである。部門・役職・年齢がさまざまなメンバーが集まり、対話を重ね自社ブランドの本質的価値に対する答えを出していくことで、経営者視点や自社理解、そして部門を超えたメンバーとのコミュニケーションが取れるようになる。

 

ブランドを構築していく過程そのものが、インナーブランディングの最初の取り組みとなっている。

 

 

受容から始める

 

チームコンサルティングに取り組む過程で、趣旨・内容は理解しているが、思考が止まってしまい動けないでいるチームメンバーの光景をよく目にする。「どうせ、頑張っても結果は何も変わらない」「結局、上司が全てを決定し自分の意見は反映されない」「なんで自分がやらなくてはいけないのだ」などネガティブな感情が、プロジェクトに対する共感や、その先にある創造性と行動力を阻害しているのである。

 

コミュニケーションの本質として、人間は自分を理解してもらおうとしているうちは相手から理解されず、自分が相手を理解しようとしたときに初めて相手から理解される。

 

チームに根付くネガティブな感情を取り除くためには、それぞれのメンバーが「自分は理解されている」と感じることが大切である。逆を言うと、「どうせ自分のことは分かってくれていない」とメンバーが思っていると、みんなが納得する結果は出にくい。またブランドの社内浸透も難しくなる。

 

社内メンバーでプロジェクトを進めるのは、後々、社内ブランディングのインフルエンサー(周りに与える影響力が大きい人)になってもらうためでもある。まずはプロジェクトメンバーに対して共感を醸成することが何よりも大事だ。「自分の意見が会社を変えていく」と信じられる環境が必要なのである。

 

メンバーでアイデアを共有するときも、ネガティブな感情がプロジェクトの進行を阻害することが多々ある。例えば、「しょせん、この場では何を言っても無駄だ」という感情をメンバーがチームに対して抱いてしまっている場合だ。

 

各メンバーが問題に気付き、解決するためのアイデアを持っていたとしても、それらを心の内に秘めてしまっていることがよくある。問題やアイデアがテーブルの上に上がりさえすれば、多くの問題が解決していくにもかかわらず、場に対するネガティブな感情がそれを妨げてしまっている。

 

こういった、場に対するネガティブな感情を排除し、積極的な発言や行動を引き出すために必要な考え方が「心理的安全性」という考え方である。チームに心理的安全性を醸成し、問題を共有・解決するための積極的な発言や行動を引き出すことが重要だ。

 

 

1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo