TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2019.08.30

「生産性カイカク」を実現する三つのアプローチ
近藤 正晴

consultant_reviewbanner
2019年9月号


 
 
コンサルティングの現場で、最近よく「働き方改革に取り組んでいます」「一人一人の生産性向上に努めています」というフレーズを聞く。現在、企業に最も共通する課題は「働き方改革」と「生産性向上」のようだ。
 
2019年4月から、政府主導による長時間労働の是正、残業時間の上限規制、同一労働・同一賃金、年次有給休暇の取得義務化といった働き方改革が始まった。その経営環境の中、企業は今までより短い時間で業務を遂行しつつ、業績も向上させなければならない。だからこそ、労働の質を改善し、密度を濃くしていく必要がある。「働き方改革=生産性向上」なのである。
 
シンプルに言えば「時間は短く、付加価値はより高く」。実現の鍵を握るのは、生産性の視点からビジネスモデルや社員の働き方、人づくりの在り方をデザインし直すことだ。
 
現在はICT(情報通信技術)を活用することで、産業や業種の壁を超えたソリューションが生まれている。デジタル技術を最大限に利用して新たな仕組みをつくる、あるいはその仕組みを最大限に活用して生産性を向上させること――つまり、旧来の改革とは異なる「カイカク」を図ることが、企業に求められている。
 
タナベ経営では、生産性カイカクには三つのアプローチがあると提言している(【図表】)。これらのアプローチによって生産性を向上させ、自社の社風をもカイカクしていきたい。
 
 
201909_review1_01
 
 
働き方・制度(仕組み)による生産性カイカク
 
1.5S・見える化
 
5S・見える化は、ムダ取りの代表例である。徹底した「整理」「整頓」で探すムダ、運ぶムダが解消される。また、基本であるワンロケーション、ワンファイルなどの「ワンベスト原則」を実施すると、効果がさらに高まる。
 
2.業務改善
 
最初のステップは業務フローの洗い出しである。顧客や商品・サービスごとに異なる業務フローを把握し、①重複、②過剰、③旧式、④不要の着眼でネックとなる業務(工程)を探し、改善する。システム改善の前に、社内ルールの改定、二重業務や価値の低い業務の改廃による業務時間の圧縮など、効率化できる内容がある。
 
次に、業務内容を洗い出して業務の価値評価を行い、社内マネジメントを確立する。そのためにも、業務の内容を、
 
①バリューアップ業務
十分な時間を費やし、最高のパフォーマンスを発揮するべき業務
 
②スキルアップ業務
業務時間を計画段階であらかじめ確保しておく業務
 
③スピードアップ業務
段取りよくこなして“合理的に手抜き”をする業務
 
④クリーンアップ業務
やめるか、社内外へのアウトソースを検討する業務
 
――に分類する必要がある。
 
3.人事制度改定
 
人事制度の改定も、生産性カイカクの一つである。最近、就業形態は「変形労働」「フレックス」「在宅勤務」「サテライトオフィス勤務」など、さまざまなタイプが登場している。いずれにせよ、企業の特性だけでなく、社員が働きやすい環境をつくり出すことが重要なのだ。
 
人の生産性は、モチベーションによって大きく変わる。個人のスキル活用、モチベーションアップ、生産性の高い社風づくりを目的に、人事制度を見直そう。
 
4.改善活動(チーム・プロジェクトなど)
 
チームやプロジェクトによる改善活動には、多くの企業が取り組んでいる。だが、長続きしなかったり、毎年同じ内容の繰り返しで活動自体が膠着していたりすることがよくある。
 
毎月の成果をモニタリングし、少しでも変化している部分を見つける。効果を見せることで、活動に意義を持たせ、「自分たちの職場は自分たちで改善する」という社風を醸成する。
 
 
 

1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo