TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2019.05.31

「限界突破」のためのゾーン選択
公文 拓真

consultant_reviewbanner
2019年6月号


 
 
【図表】ゾーンの3区分

出典:筆者作成


 
「コンフォートゾーン」という“停滞領域”
 
組織の中には、「デキる人」と「イマイチな人」が存在する。読者の会社の中でも一定数、存在していると思う。職場だけではなく、例えば学校や官公庁を含めた、ありとあらゆる“組織”(もちろんタナベ経営も例外ではない)において、その2者を分かつものは何なのか。今回は、「コンフォートゾーン」という切り口から、「超一流」になるためのアプローチを解説する。
 
コンフォートゾーン(快適領域)とは、本人にとって「居心地の良い環境」という意味である。ストレスや恐れ、不安を感じることがなく、安心して過ごせる環境を指す。
 
ストレスが僅少なコンフォートゾーンに安住し続けている限り、人間は成長を見込めない。なぜ、コンフォートゾーンでは成長できないのか?それは、現在の生活環境を保とうとする潜在的な力が働く半面、それ以上のレベルへ向上しようとする意識を奪ってしまうためである。
 
 
コンフォートゾーンからラーニングゾーンへの脱出
 
コンフォートゾーンから抜け出して、どこに向かえばよいのか。ミシガン大学ビジネススクール教授のノエル・M・ティシー氏が提唱したコンセプトによると、コンフォートゾーンの外側に「ラーニングゾーン」、さらにその外側に「パニックゾーン」という、合計3つのゾーンがあるとされている。(【図表】)
 
ラーニングゾーンとは、別名“ストレッチゾーン”とも呼ばれる。コンフォートゾーンを抜け出した外側にあるもので、今までのスキルセット(自分が有する知識や技術)があまり通用しない、未知の環境である。言い換えれば、自己成長の領域と定義できる。
 
未知の事象と遭遇し、それに対処するための判断力・能力などを必要とする。失敗するリスクがある代わりに、成長というリターンを受け取ることが可能な領域である。
 
一方、パニックゾーンとは、ラーニングゾーンのさらに外側に位置する領域だ。スキルセットが通用しないだけでなく、自分の身に降りかかる事象を把握できず、コントロールすることもできない環境である。ここでは肉体的・精神的な負担が大きくのしかかり、心身にも変調を来しかねない。
 
成長するために目指すべきは、ラーニングゾーンである。環境の変化で一時的にパニックゾーンに身を置くことはあるかもしれないが、パニックゾーンに居続けてはいけない。必要以上の刺激やストレスを受け続けることになる。
 
私の趣味の「筋トレ」で例えてみよう。単純な話、現在の筋肉の能力が「100」だとしたら、101の刺激を与えるだけで筋肥大(筋肉の体積増加)が起こる。しかし、筋トレはやればやるほどよいわけではない。
 
ここで200の負荷を与えれば、より筋肥大が起きるのかというと、そういうわけではない。むしろ余計な刺激はオーバーワークのリスクが急激に高まるのである。
 
成長のための環境負荷も、同様のことが言える。
 
 
 

1 2
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo