TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2018.05.31

建設業における人材育成改革
堀部 諒太

consultant_reviewbanner
2018年6月号


 
建設業の実態
 
日本国内における建設投資は2017年度見通しで54兆9600億円(前年比4.7%増、国土交通省)。建設業は日本を代表する基幹産業である。近年は東日本大震災復興事業や東京オリンピック特需、各都市での再開発事業など全国的に建設需要が高まっており、市場動向としては「晴れ」の状態が続きそうだ。
 
一方、就労者数が約500万人の同業界では、人材不足が課題となっている。高齢化の進展、また定年に伴う大量離職も予測され、人材不足はさらに深刻化しそうである。ICT化やロボット導入などの取り組みも進んでいるが、人材不足を解消するには至っていないのが現状だ。
 
その原因として、「3K(きつい、汚い、危険)」や「仕事は見て盗む」という昔ながらのイメージを払拭できていないことが挙げられる。
 
私は北海道で中堅・中小規模の建設会社へのコンサルティングを行っている。本稿では、人材不足を人材育成によって解消する取り組みを行っている企業の事例を紹介したい。
 
 
 
201806_review3_01
 
 
「仕事は見て盗む」の現代版
 
建設業の中でも左官業は特に平均年齢が高い。建設経済研究所の調べによると50歳を超えている。A社も例外でなく、6年前には平均年齢が52歳であった。新卒採用を行っていたものの定着率は悪く、採用を繰り返していたという。
 
この状況に「10年後の自社に未来はない」と感じたA社社長は、教育改革に着手した。まずは離職者の声に耳を傾けると、「きちんと仕事を教えてくれない」「指示も出していないのにいきなり怒りだす」などの声が上がった。反対に、新人を教える側の意見は「言われたことしかやらない」「指示をしないと何もせずに立っているだけ」というものだった。両方の言い分を聞き、価値観の違いがこの環境を生み出していることに気付いたのである。
 
こうした現状を変えるために、教える側の意識改革に取り組んだ。「仕事は見て盗む」を現代化するために、日本一の左官職人の左官技術を動画化した。また、その後の実習の様子も動画に収め、日本一の左官技術との違いに気付かせて修正する。現場任せにせず、基礎をしっかりと教えるのである。そうすることで、次のような変化が生まれた。
 
従来は、入社した新人は「とりあえず」現場に配属されていた。そこでは下働きしか任されず、仕事をつまらないと感じて退職してしまう人が多かった。現在は、新人を採用したら現場に配属せず、基礎教育からスタート。その後、現場に出す。必要最低限のことは分かっている状態なので、現場で預かる社員も一から教える必要がないため負担は少ない。新人自身も、基礎教育で覚えた技術を現場で生かせるため仕事が楽しくなり、続けたいと思うようになった、ということだ。
 
現在のA社は、十数名の新卒採用を実現し、離職もほとんどなくなったため、平均年齢が10歳以上若返った。技能五輪全国大会にも出場するなど、若手が目標を持って技術研鑽に取り組み、ベテランが若手を育てる風土が根付いたことで、左官業が抱える課題を解決することができたのである。
 
 
 

1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo