TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2018.02.28

中期経営計画に盛り込みたい新たな視点
田上 智則

consultant_reviewbanner
2018年3月号


 
「ポスト2020」に向けた中期経営計画
 
韓国・平昌で行われていた冬季オリンピックが閉幕した。次回大会は2022年、中国・北京で開催される。が、その前に大きな大会がある。言うまでもなく、2020年の東京オリンピック・パラリンピックである。

 
夏季オリンピック開催国は、開幕前年に景気が盛り上がり、閉幕後には不況へ陥るケースが多い。日本経済は現在、景気回復局面が戦後2番目の長さとなるなど堅調に推移しているが、2020年以降は過去の開催国と同様、一転して低迷に向かうというのが大方の見方である。

 
そのため私のコンサルティング先でも、“五輪特需”が?落する「ポスト2020」に備えて、今後3カ年の中期経営計画を真剣に検討している企業が多い。
 
中期経営計画を策定する中で、必ず付いて回るのが、新たな取り組み(新分野への展開や新規事業など)をどうするかである。既存事業の展開だけでは収益拡大が厳しいため、各社は新しい事業・商品・サービスの創出に知恵を絞るわけだが、固定観念に縛られ、なかなか良い案が出ないというのが現実だ。
 
 
「異」の要素を取り込む
 
本稿で私が提言したいのは、新たな取り組みの展開を検討する際、「異」の要素を取り込んでみるということである。例えば、他の社員とは異なる経歴を持つ社員、または普段から変わった考え方をする社員だ。このような人材を巻き込んでいくと、新たな発想が生まれやすい。
 
私が居住している石川県は、魚がおいしい地域として全国的に評価が高い。つい「このクオリティーを他の場所で味わうことは難しいだろう」とひいき目に見てしまうが、日本全国には石川県に勝るとも劣らない、おいしい魚が取れる地域は多い。近年、そうした全国の魚介類に着目し、小売店や消費者においしく届けるというビジネスモデルを構築している事例も増えている。そこで、鮮魚を題材に「異」の要素を取り込んだ2社を紹介したい。
 
 

1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo