TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

コンサルタント レビュー

タナベコンサルティンググループの経営コンサルタントが、各専門分野の経営テーマに沿った戦略や施策を提言します。
2017.12.26

現場のブランディング活動を発信しよう
藤原 将彦

consultant_reviewbanner
2018年1月号


 
ブランディング活動を財産としてストックする
 
一戸建て、マンション、自動車といった人生で数回しか購入しない商品は、購入するタイミングでブランディングを始めても遅いため、接点をつくるための発信が必要である。また、食品小売店など顧客と日々接する機会が多い業種においては、新鮮な情報・価値を絶えず提供し続ける仕組みが必要である。

 
ブランディングを効率的に行っている企業を見ると、「プレスリリースの活用」に加えて、「Instagram、YouTube、Facebook への投稿」などを活用し、1つのブランディング活動を「リクルーティング」や「マインドシェア獲得」「将来の顧客創造」へと展開し、一石二鳥、三鳥で他社との差別化を図っている。

 
日本企業は欧米企業に比べ、モノづくりは一流だが、マーケティングやブランディングは二流、三流だといわれる。逆説的にいえば、ブランディングは未開拓領域であり、まだまだ伸ばす余地が大きい分野ともいえる。ヒト・モノ・カネは時とともに変わる中、企業が100年後にも残せる価値があるとしたら、それはブランドという無形の価値なのだ。
 
「ブランディングについて、何から手を付けていいか分からない」という場合は、まずは社内でブランディング(顧客価値・人材価値・社会価値)に取り組んでいる社員たちの活動をあらためて発見し、ストックして、社内外に発信することから始めていただきたい。

 
 

  • タナベ経営
  • コンサルティング戦略本部 九州本部 部長代理 チーフコンサルタント
  • 藤原 将彦
  • Masahiko Fujihara
  • クライアント視点でのコンサルティングスタイルで、企業の原点である「ミッションの確立」や、未来に向けた「ビジョン・戦略の構築」を中心に活躍中。また、新規事業開発・推進においても、前向きな情熱を持って取り組み、クライアント企業の成長エンジンづくりに貢献している。

 
 

1 2 3
コンサルタント レビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo