TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲

18万人以上にアドラー心理学の研修・講演を行ってきた岩井氏が、リーダーシップ、コーチング、コミュニケーションの観点から経営に必要なマインドとスキルについて解説します。
コラム2020.06.30

Vol.9 [特別編]コロナショックに対する経営者の心構え


2020年7月号

 

 

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威をふるい、各国・地域が甚大な人的・経済的ダメージを受けています。今回は、少し連載から離れた特別編です。すぐ先の展開が誰にも見通せない経営環境の中、企業が生き延びるために必要な心構えとは何か、アドラー心理学の立場からお伝えします。

 

 

突然のミニ氷河期、企業存続は可能か?

 

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである―。「進化論」で有名な英国の自然科学者、チャールズ・ロバート・ダーウィン(1809~1882年)の言葉として知られているものです。

 

売上高の8割を研修が占める私の会社、ヒューマン・ギルドは、2020年3月、4月の研修部門の売り上げが無残な結果に終わりました。ほぼゼロでした。現時点でも昨年対比でひどいありさまです。1985年4月の設立以来、初めての事態です。

 

私は自社の目標を「サバイバル(生き残ること)」に軌道修正し、社員と共有し合いました。まさに存亡の機に瀕したからです。

 

新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態措置として2カ月も経営活動が止まってしまうのは、多くの企業にとって大打撃です。一部の政治家・評論家は「戦争」に例えていましたが、私は急に襲ってきた「ミニ氷河期」と捉えました。

 

氷河期に多くの生物が絶滅したように、この大変化を促す課題に直面し、様子をうかがって手をこまぬいている間に絶滅が危惧される人や組織が、ビジネス上では確実に存在します。変化にどう適応するか、それが急務です。

 

「何とかなるだろう」という楽観的な対応や、行政頼みだけでは危険です。「存亡の機に瀕して最悪の事態に対処せよ」のスローガンなくしてこの時期を乗り越えるのは困難と言えるでしょう。

 

 

 

1 2 3
経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo