TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲

18万人以上にアドラー心理学の研修・講演を行ってきた岩井氏が、リーダーシップ、コーチング、コミュニケーションの観点から経営に必要なマインドとスキルについて解説します。
コラム2020.01.31

Vol.4 経営におけるマインドとスキル4


2020年2月号

 

 

マインドなきスキルは危険であり、スキルなきマインドは野蛮である—。前回(2020年1月号)、組織に不可欠なマインドは「リスペクト(尊敬)」と「信頼」だと申し上げました。今回は、もう一つの大切な要素、「共感」についてお伝えします。

 

 

『町の愚か者と迷子のロバ』の物語 ― 共感のテクニック

 

前回まで、スキル(生産性)とマインド(人間性)を車の両輪にたとえ、組織のありようは「共同体的機能体」であるとし、組織の人間性回復のために「リスペクト(尊敬)」と「信頼」が不可欠だと書いてきました。実は、もう一つ大切な要素があります。それは「共感」です。「相手や置かれている状況に関心を持つこと」。共感をとりあえずそう定義しておきます。

 

共感について、私が監訳した『どうすれば幸福になれるか(下)』(W.B.ウルフ著、仁保真佐子訳、一光社)第12章の「共感のテクニック」にこんな話が出てきます。少々長いのですが、共感を理解するためにとても大事な話ですので、転載します。『町の愚か者と迷子のロバ』の物語です。

 

ロシアのある小さな町の自慢は、たった1匹のロバだった。そのロバがどういうわけか突然にいなくなってしまったので、町じゅうが大騒ぎになった。町の長老たちの秘密の会議が招集され、三日三晩、長老たちはその席でロバがいなくなった理論上の動機と原因は何か、どうすればロバを見つけられるかを真面目くさって話し合った。

 

重々しい空気が漂う会議の最中、誰かがドアをノックする音が聞こえた。町の愚か者が入ってきて、迷子になったロバを見つけたと言うのである。長老たちが集まって知恵を絞ってもだめだったのに、どうやってロバを見つけることができたのか、と愚か者に尋ねると彼は答えた。

 

「ロバがいなくなったと聞いて、私はロバの小屋に行き、ロバと同じように壁に向かって立ってみました。そしてロバになったつもりで、私だったら小屋を抜け出してどこへ行くだろうか、と考えてみたのです。それからその場所に行き、ロバを見つけました」

 

ここで、アルフレッド・アドラーが共感について何度も言っていた言葉を紹介します。

 

「他者の目で見、他者の耳で聞き、他者の心で感じること」

 

共感と相反する言葉は「独善」です。アドラーの言葉をもじれば、「自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の心で感じること」。「他者」を「自分」に置き換えてみただけです。

 

『町の愚か者と迷子のロバ』の物語に話を戻すと、長老たちは「町のエリート」のつもりで三日三晩、会議を開きましたが、誰一人として現場に行かなかったし、ロバとは無関係に人間の立場で会議をしていました。「人間の目で見、人間の耳で聞き、人間の心で感じた」、共感能力のない人たちだと言っていいでしょう。

 

それに対して、「町の愚か者」と呼ばれていた人は、何はさておきロバ小屋に行き、ロバの身になってみた共感能力のある人でした。「ロバの目で見、ロバの耳で聞き、ロバの心で感じた」人だったのです。

 

 

 

1 2
経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo