TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲

18万人以上にアドラー心理学の研修・講演を行ってきた岩井氏が、リーダーシップ、コーチング、コミュニケーションの観点から経営に必要なマインドとスキルについて解説します。
コラム2019.12.16

Vol.2 経営における マインドとスキル2


2019年12月号

前回(2019年11月号)、私のミッションは、スキル偏重に傾きがちな組織風土にアドラー心理学の立場から警告し、人間性(マインド)と生産性(スキル)のバランスが取れるよう啓蒙することだとお伝えしました。「マインドなきスキルは危険であり、スキルなきマインドは野蛮である」。これは、私がカウンセリングや研修をする際に指針としている言葉です。では、今回の本題に入ります。

【図表】共同体(ゲマインシャフト)と機能体(ゲゼルシャフト)

出典:『組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか』(堺屋太一著、PHP 研究所)

出典:『組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか』(堺屋太一著、PHP 研究所)

そもそも企業は「共同体」か「機能体」か

企業を考えるために、「そもそも企業とは何なのか?」という問いからスタートしてみましょう。

 『広辞苑』(岩波書店)を引くと、企業について「生産・営利の目的で、生産要素を総合し、継続的に事業を経営すること。また、その経営の主体」とあります。「営利の目的」や「継続的に事業を経営すること」を企業の特徴としています。

時代をさかのぼると、ドイツの社会学者であるフェルディナント・テンニース(1855~1936年) は、『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』(1887年、和訳は岩波文庫が1957年に杉之原寿一訳で発行)の中で、「共同体(ゲマインシャフト)」と対比して、企業を「機能体(ゲゼルシャフト)」と位置付けました。

共同体は「実在的有機的な生命体」で、自然な「本質意志」に基づき、結合を本質とする基礎的集団。典型的は家族や地域などの「すべての信頼に満ちた親密で水入らずな共同生活」として特徴付けられます。ただし、「水入らず」という表現に、やや排他的な色があることには要注意です。

それに対して機能体は「観念的機械的な形成物」で、人為的な「選択意志」に基づき、分離を本質とする機能的集団。典型は「営利会社」、つまり企業であると書かれています

この共同体(ゲマインシャフト)と機能体(ゲゼルシャフト)を対比して、とても分かりやすくまとめた書籍があります。評論家・小説家で、通商産業省(現経済産業省)官僚、経済企画庁(現内閣府)長官などを歴任した堺屋太一氏による『組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか』(PHP研究所)です。

その中では、共同体の目的は「構成員の居心地の良さ」であり、尺度は「固さ(結束感・仲間意識)」、理想は「公平感・安心感」です。私なりにまとめると「人間性重視」となります。

それに対して、企業を代表的な組織とする機能体の目的は「外部目的の達成」であり、尺度は「強さ(目的達成力)」、理想は「最小費用で最大効果をもたらす」ことなのです。私の解釈では、「生産性重視」になります。(【図表】)

 ただ、企業が機能体だとしても、その構成員は人間です。人間性を無視して、最小費用で最大効果をもたらす理想を追求するだけでは成り立ちません。

顧客満足とともに従業員満足を考慮しながら、まるで家族のように従業員を扱う職場環境(構成員の居心地の良さ)を目的とし、結束感・仲間意識(固さ)を尺度にして、公平感・安心感があるという理想も併せて追求していかなければなりません。これらは、人間性重視の観点です。

1 2
経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo