TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲

18万人以上にアドラー心理学の研修・講演を行ってきた岩井氏が、リーダーシップ、コーチング、コミュニケーションの観点から経営に必要なマインドとスキルについて解説します。
コラム2019.10.31

Vol.1 経営におけるマインドとスキル


2019年11月号

まずは自己紹介から

初めまして。ヒューマン・ギルドの岩井俊憲と申します。今月号からしばらくの間、連載のかたちでお世話になります。

私は35年余、最近グーンと知名度が高まったアドラー心理学に基づく研修・講演、カウンセリング、執筆活動に従事していますが、もともとは大学で経営学を学び、外資系企業に13年間勤務していた人間です。大学時代と、卒業2年後の中小企業診断士の資格取得前後、タナベ経営の創業者・田辺昇一先生の著書を13冊読んでいました。

そんな私が、『FCC REVIEW』の執筆者として原稿を皆さまにお届けできることは、望外の幸せです。今後、どうぞよろしくお願いします。

リストラ体験から思うこと

こんな経験をお話ししてもいいでしょうか。私が13年間働いていた会社は、ゼネラル・エレクトリック(GE)の合弁会社でした。親会社であるGEの会長に、かの有名なジャック・ウェルチが就任してから、会社を取り巻く環境が大きく変わりました。

ウェルチ関連では、GEの日本合弁会社の役員が集まる会議に参加した私の上司から聞いた内容が忘れられません。

ある人がプレゼンテーションを始めてしばらくしたら、ウェルチはだんだんいらついて、「ストップ・イット、ストップ・イット」と発言を阻止したのです。「経営のスピードこそ命」がモットーのウェルチには、要領を得ない、だらだらとしたプレゼンは聞くに堪えなかったのでしょう。

 「事業分野でナンバーワンかナンバー2」を標榜して大胆なリストラを断行したウェルチは、やがて私のいた会社からも非情に撤退していきました。この後始末を担ったのが、合弁会社の一つだったデンソーです。デンソーは50%の人員削減を行いながらも、事業移管を中心に社の存続を地道に図り、今日も命脈を保っています。

ちなみに私は、当時の立案企画部署の総合企画室の課長として、リストラの断行役でもあり、希望退職の第1号としてその会社を去った人間です。

1 2 3
経営者に贈るアドラー心理学の知恵:岩井俊憲一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo