TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

2022.02.14

真の「見える化」が生産性を変える

見える化の推進で「実行力」ある自立型組織へ変わる!


「オフィスの整理整頓をするためルールを決めたが、程なくして元通りになった」「新しいシステムを導入し社内の情報を共有しているが、成果にはつながっていない」。あなたの会社も、このような事態に陥ってはいないでしょうか。

 

本書は、「ルールが守られない」「成果が出ない」といった組織に不足しているのは「実行力」であるとし、「実行力の源泉は『問題点の顕在化』にある。問題点が見えているからこそ、誰もが自らそれに『気付き』、『改善』することができる」と説いています。

 

冒頭の状態を例にすると、運用する人々に問題点が見えなければルールは守られにくく、また、導入した新システムを使用する人々に適した運用方法へ改善しなければ成果につながらないということです。社員一人一人が自ら気付き、改善策を考えて行動する「自律型組織」となるための手段が「見える化」なのです。

 

著者は中期経営計画の策定をはじめ、数多くの企業の「経営の見える化」を支援してきたタナベ経営のトップコンサルタント・武政大貴。生産性改革、自律型組織構築のスペシャリストとして、その知見を惜しむことなくつづっています。

 

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)による見える化の概念から、SDGsやDXなど近年のトピックと絡めた見える化の手法に至るまで幅広く解説しており、経営者はもちろん、課題解決への最短距離を知りたい全てのリーダーに有用な視点を提供しています。

 

■定価 1,760円(税込)

■著者 タナベ経営「経営の見える化」コンサルティングチーム リーダー 武政 大貴

■編者 タナベ経営「経営の見える化」コンサルティングチーム

■仕様 四六判、上製 232頁

■発行元 ダイヤモンド社(2020年発行)

 

 

 


著者紹介

 

タナベ経営「経営の見える化」コンサルティングチーム リーダー

武政 大貴(たけまさ・ひろたか)

大学卒業後、財務省で7年半、金融機関の監督業務や法人企業統計の集計業務などを担当。その後、企業経営に参画したのち2009年タナベ経営に入社。実行力ある企業(自律型組織)構築を研究テーマとして、見える化手法を活用した生産性改革を中心にコンサルティングを実施。現在はIT活用やプロセスマイニング、SDGs実装支援など世の中の潮流に合わせたコンサルティングメソッドを研究開発しながら、実行力ある企業づくりに奮闘中。

 

 

著者特別インタビュー

生産性改革(業務改善)コンサルティング

 

 

一覧へBOOK REVIEW一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo